猫ごはんを考える会

グレインフリーキャットフードって何?

最近耳にする“グレインフリー”という単語。
まだ聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。
グレインフリーとは、日本語にすると“穀物不使用”という意味です。
グレインフリーキャットフードは猫にとって、沢山のメリットがあるのです! 今回は、その特徴と選び方について説明していきます。

1.グレインフリーキャットフードの特徴

グレインフリーとは、上にも挙げたとおり、穀物不使用のキャットフードのことを言います。
穀物の代わりに肉・魚などのタンパク質が多く含まれており、その分値段も高くなっています。
ホームセンターやペットショップなどで私たちが目にするフードは、穀物が多く含まれているものが殆どです。
穀物は肉や魚と比べて安価なので、大量生産が必要な市販のものに使われやすいのです。
愛猫の毎日の食事のことなので、こだわってあげたいと思いつつも、身近に流通しているものの数倍の値段がするので買うのに躊躇してしまいますよね。
では、値段に見合うメリットは本当にあるのか、掘り下げていきましょう。

2.グレインフリーキャットフードのメリット

グレインフリーキャットフードの一番のメリットは、猫本来の食生活を送らせてあげることにより病気のリスクが減るということです。
猫は本来肉食動物で、穀物は生きていく上でほとんど必要ありません。
猫の腸は短い為、タンパク質や脂質を早く消化することが出来ますが、穀物等の炭水化物を消化するのが苦手です。
どうしても消化器官に負担がかかってしまうので、下痢や便秘になったり、年を取ったときに病気にかかるリスクが高くなります。
また、穀物に含まれる炭水化物は肥満の原因にもなります。
肥満になると関節が脆くなったり、思うように動けないことでストレスを抱えてしまいます。
病気になったときの病院代や、愛猫と出来るだけ長く過ごせることを考えると、高い値段に見合うメリットとしては十分に思えます。
また、余計なものが含まれておらず消化にいいので、猫独特のきつい便臭が軽減されるといった点も挙げられます。
食事への食いつきも全然違い、一度グレインフリーキャットフードを与えると、もう穀物入りのキャットフードには見向きもしてくれないこともあるほどです。
ですので、変えるタイミングには注意が必要です。
数か月だけお試しで変えてみようという安易な気持ちでは、猫を混乱させるだけです。
元のフードを食べてくれなくなる危険性もあるので、変えたからにはずっと与え続けるという強い意思を持ちましょう。

3.グレインフリーキャットフードの選び方

いざ購入しようとしても、種類がありすぎて選びきれない・・・ せっかく買うのなら、本当にいいものを選びたいですよね! 選び方の一番の注意点は、使われている原材料です。
植物性タンパク質の割合が多いものは芋や豆を使用しており、炭水化物を含むことになるのでグレインフリーであってもあまり意味がありません。
肉や魚が占める割合が多く、マグネシウム量が低いものを選びましょう。
しかし、いくらいいフードだと言っても腎機能に問題がある猫にとっては、高タンパクなことがかえって負担をかけてしまう可能性もありますので、獣医とよく相談してから選んでください。

4.まとめ

グレインフリーキャットフードがとてもいいものということは十分に伝わったと思います。
心身ともにストレスのない生活をし、体にいい食事をすることは長生きの秘訣でもあります。
また、高いフードと言っても、月数千円のことです。
私たちが間食や嗜好品を減らし、浮いたお金を猫のフードにかけてあげれば、双方健康になって一石二鳥なのではないでしょうか。