猫ごはんを考える会

値段による違いとは?

1.毎日食べるものだから

私たちが毎日のご飯の質を考えるように、キャットフードも栄養のあるものを、と考えていらっしゃる飼い主さんも多いと思います。
ペットも大切な家族の一員、せっかくなら良いものを食べさせたいけれど、良いものはなかなか高くて買えない…そもそも高いものって本当に良いものなの?とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
今回はそんなキャットフード選びにお困りの方へ、安いキャットフードと高いキャットフードの違いをご紹介します。
これから猫との生活を始められる方も、すでに飼っていて今のフードを変えようか迷っている方も、参考にしていただければ幸いです。


2.安いキャットフードの特徴

メリット
スーパーやコンビニなど比較的どこでも手に入りやすいので、手軽に買える安心感があります。
万が一、予備のキャットフードを切らしてしまったり買い忘れに気づいたとしても、すぐに手に入れることができます。
また、味の種類が豊富なので、好き嫌いのある子でもお気に入りのキャットフードが見つかりやすいでしょう。

デメリット
安さの理由のひとつでもある原材料の内容です。
主成分が肉ではなく穀類のものは避けて買っている飼い主さんもいらっしゃるようです。
猫は本来肉食動物ですので、穀類はそんなに重要ではありません。穀類を多く入れるのは、コストを抑えながら量を増やす事ができるから、という理由が大きいようです。
添加物の種類や量も気になります。
長期保存を可能にするために入れる添加物には、猫の体に良くないものも入っている可能性が高いです。穀類以上に不要なものと言えるでしょう。
安いキャットフードを選ぶ際は、添加物はなるべく入っていないものをおすすめします。


3.高いキャットフードの特徴

メリット
主成分が肉だったり、添加物をなるべく入れていなかったり、とにかく原材料にこだわっていることが挙げられます。
いわゆるプレミアムフードと呼ばれているものがほとんどでしょう。
成分表を見ると穀類より肉の割合が多いものがほとんどで、本来の猫の食事に近いとも言えます。

デメリット
味の種類が少ない、好き嫌いが分かれやすい、といった傾向が見られます。
比較的安い市販のものに比べ、好き嫌いはハッキリするかもしれません。
その上高価なキャットフードですから、飼い主さんとしては食べなかったときのショックもより大きく感じてしまいそうです。
どんなに体に良いものでも食べなければ意味がないので、猫の様子を見ながら少しずつ慣らしていくと良いでしょう。


4.理想のキャットフード

どちらが良い、悪いではありませんが、高いものには高い理由が、安いものには安い理由があります。
それぞれの特徴を比較し、ピッタリなキャットフードをあげると良いのではないでしょうか。
メーカーによっては、お試し用に少なめサイズで販売しているところもありますから、それをうまく活用するとムダなくキャットフード選びができそうです。
また、新しいキャットフードをあげるときにも注意が必要です。
急にフードを全く違うものに変えると食べない猫もいます。
そんな時は、今まで食べていたフードに新しく買ったフードを少しずつ混ぜ、徐々に新しいフードの割合を増やしていくと食べてくれやすいですよ。
大切な時間を少しでも長く、そしてずっと元気でいるためにも、理想的なキャットフードを見つけてくださいね。