猫ごはんを考える会

ポイント:キャットフードの選び方

市販されているキャットフードは危険である…
ということはトップページでも解説した通り!
だけど「だったら、どんなものを選べば良いんだろう?」と悩んでしまう方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ここではキャットフードの効率の良い選び方を解説します!
ぜひ参考にして下さい。

ポイント1「穀類不使用を選ぶべし」

まず一つ目のポイントとして挙げられるのが、穀類不使用を選ぶということ。
ホリスティックフードの中でも、穀類不使用(グレインフリー)のフードは特に安全だと言われています。

そもそも猫は完全な肉食動物。
理想の食事は人間とは全く異なります。

人間なら肉を控えめにして野菜を多めに摂ること、そして、主食は穀類で炭水化物を摂る。
というのが健康的です。

しかし、猫は肉から摂る炭水化物が主な栄養源。
小麦などの穀類は本来食べる必要がなく、体の消化器官も穀類に対応したつくりにはなっていません。

それにも関わらず、市販のキャットフードにはコスト削減のために穀類が大量に使用されることがあります。
アレルギー・肥満・下部尿路疾患など様々なトラブルの原因になってしまうので、穀類が含有されるフードは避けるべきです。

グレインフリー・穀類不使用の製品を選びましょう。
グレインフリーのフードでは、カナガンキャットフードオリジンキャットフードなどがおススメです。

ポイント2「人間用の食材を使った製品を選ぶべし」

ホリスティックフードであればこの基準をクリアした製品が殆どですが、市販品ではこの基準をクリアした製品はまず見かけません。
4Dミートや使い古した油、副産物(バイプロダクト)などが使われているケースが数多くあります。
しかし、こういった劣悪な原材料はアレルギー源となりやすいほか、栄養価にも乏しいという弱点があります。

そこで覚えておきたいのが、「ヒューマングレード」というキーワード。
人間も食べられる品質の食材であるということを意味しています。

安全性に問題のないキャットフードを選ぶのであれば、この基準をクリアした製品を選ぶことは必須項目とも言えるでしょう。

ちなみに、このサイトのランキングで紹介されている製品は、全てヒューマングレードの食材を使用しています。

ポイント3「合成添加物不使用の製品を選ぶべし」

これも安全性の高い製品を選ぶうえで忘れてはいけない重要なポイントです。
市販のペットフードには、合成添加物(発がん性や催奇形性などの危険性が疑われるような薬品)が使われることが多いのが難点。
原材料表示一覧を見ても全てを確認することはできない為、「合成添加物は不使用」と明記されているキャットフードを選ぶようにしましょう。

こちらに関しても、このサイトで紹介している製品はすべて基準をクリアしています。
合成添加物が使われていないというのは、ホリスティックフードの大きなメリットの一つですよ!

口コミから選ぶ

具体的な選び方のおススメは、口コミを参考にして製品選びを進めていくということ。
このブログの口コミ集をチェックしていけば、公式サイトで情報収集するよりも効率よくスムーズに《猫さんにとって美味しくて健康にも良い、ベストなフード》を見つけることができるかも!

ぜひチェックしてみて下さい!